ジェネリックって何?

ジェネリック…薬局のポスターやテレビCMでもよく聞く言葉ですよね。

後発医薬品とも言うのだそうですが、一体何なのでしょうか?

調べてみました。


ジェネリックと言うのは、ある医薬品の特許が切れたものを、他のメーカーが同じ有効成分を使って作った医薬品のことなのだそうです。

ジェネリックの薬は安いというイメージがあると思いますが、それは研究開発費がかかっていないからなのです。

研究・治験を繰り返して開発した医薬品(これを新薬・または先発医薬品と言います)は、研究費の元を取らないことには、次の新薬の開発ができません。


それで、新薬のメーカーは特許を取得したら20年間は自分のメーカーだけで価格を決めて販売することができるのです。

そして、その20年の間に研究費を上乗せした価格で販売し、研究費の元を取ります。

特許を出願した日から20年を経過すれば、どのメーカーでも、その主成分を使って薬を作ることができるので、ジェネリック医薬品メーカーは、特許の切れた成分を使って薬を製造・販売するというわけなのです。

ジェネリック医薬品のメーカーは、研究をしていないので研究費の元を取る必要がなく、その分、安価な薬を作ることができるというわけなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120050751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。