ジェネリック医薬品の安全性はどうなの?

ジェネリック医薬品は、種類にもよりますが、新薬と比べて薬価が半分くらいになるのだそうです。

しかし、安全性はどうなのでしょう?

薬なので「安かろう、悪かろう」では困りますよね。調べてみました。


ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に、ジェネリック医薬品メーカーが特許の内容を利用して製造して作ったものなのだそうです。

この特許の内容というのは、その薬の主成分だけなので、その他の成分(薬を安定させる成分など)については記載されていないのだそうです。

それで、主成分に対する安全性は新薬の研究段階で治験が行われているので確立されていますが、その他の成分に対する副作用が出てこないとも限らないのだそうです。


また、薬の溶け方や吸収率、主成分の含有量も新薬とは微妙に異なる場合があるので、薬によっては期待した効果よりも効果が強く出すぎたり、逆に効果が出なかったりすることもあるのだそうです。

それで、医師によっては「ジェネリック不可」というところもあるわけなのですね。


ジェネリック医薬品も、ノーチェックというわけではありません。

製造・販売するために厚生労働省の定めた検査はクリアしています。

だから、危険というわけではありませんが、薬というものは多少なりとも副作用のリスクは伴います。

新薬を使っていても、思わぬ副作用がある場合だってまれにあります。

さらに、ジェネリック医薬品は新薬とは主成分以外の部分は異なっていることもあるのだということを頭において選ぶ必要があるようです。

薬局によっては“お試し調剤”といって、何日か分だけジェネリック医薬品に替えて調剤してもらうということもできるのだそうですよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120050799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。